助手席に乗っていても保険は適用されるの?

  1. 先日息子運転の車に乗っていたら・・
  2. ガーン(ぶつかる)
  3. すごい衝撃でぶつかって、ムチウチになってしまったんです・・・
  4. でも私、助手席だったので保険効くのか心配で・・・
  5. 息子の免許の点数が引かれちゃうの?免許と保険は別?
  6. 痛いのを我慢してるんだけど、やっぱり痛いの。
  7. 母ちゃんごめんなー
  8. 大丈夫、助手席の事故でも自賠責保険がききますよ。もちろん自己負担はなしです。
  9. 免許の点数も全く関係ありません
  10. まぁ、そうなの?それなら通わせていただくわ。
  11. 母さん、僕が送るよ
  12. 乗らないわ!

同乗者も保険・慰謝料は個別に適用されます

むさし整骨院にいらっしゃる患者様で、このようなケースの方がいらっしゃいました。

ご友人の車に乗って買い物に行った帰り道でのこと。信号待ちで後ろから衝突され、そのときの衝撃で頭とひざに軽い打撲をうけたので、友人と一緒に病院へ行き治療をしてもらったそうです。
その後、1週間ほどして首や肩周辺にかけて痛みを感じたので、あのときの事故の影響でムチウチになったのかなと思ったそうです。
しかし、事故から1週間もすぎたことや自分は助手席に乗っていただけだからという理由で、しばらくすれば治るだろうと勝手に判断して病院にはいかなかったのだそうです。
ところが痛みは増すばかりで、我慢できなくなり当院に相談にいらっしゃったということでした。

その患者様にはご説明したのですが、助手席に乗っていらっしゃった方でも保険で施術はできます。
特に今回のケースですと、施術代はすべて後方から衝突してきた相手方(加害者)の負担になりますし、友人の方が搭乗者保険をかけていればそちらからもお金がおりるはずです。
もちろんご友人に過失割合はありませんので、その保険を利用したからといってご友人の保険料が上がるといったこともありません。

むさし整骨院では患者様の施術だけではなく、こういった交通事故に関するご相談も承っておりますので、お一人で悩むことなくお気軽にご相談ください。

むさし整骨院で交通事故施術を受けられた方の声

筑紫野市 Mさん 20代男性

僕は、彼女と車でショッピングに行った時に右折車に衝突されました。

事故の手続きをとった後、急いで病院へ行きました。
僕は腕の軽い打撲だけだったのですが、彼女はムチウチと胸部の打撲と診断されました。
彼女は僕より痛みがひどいみたいで、とても心配でした。
病院の先生は、「そんなに大きなケガじゃないから、心配いりませんよ。湿布と念のために痛み止めを出しておきますから。」と言われて帰宅しました。

しかし次の日に、僕も彼女も昨日よりも強い痛みが出てきました。

昨日の病院に行こうか悩んでいたときに学生の頃にお世話になった、むさしさんに相談に行ったところ、「ムチウチの施術なら任せろ!」と力強い言葉をもらいました。
また僕だけでなく、彼女の治療費も保険から支払われるので、自分たちが出さなくていいと聞き、すごく安心しました。

今では痛みも全くなくなり、彼女もほとんど痛みがなくなったみたいです。
ありがとうございます。

むさし整骨院 交通事故相談窓口担当 岡山より

大切な彼女が同乗中におきた事故、心配ですよね。

同乗者がいた場合、座っていた座席や関係性(親族かどうか)などは関係なく、それぞれ個別に慰謝料が支払われますので、ご安心ください。

その慰謝料の中には、医療費・休業保障も含まれていますので、痛みが完全になくなるまで通院することをおすすめします。

数年後、「あの時ちゃんとしていれば・・・」と後悔をしないためにも、今しっかりとケアしておきましょう!

ページの先頭へ戻る